2014年02月28日

Ron Harman Cafe @ Minatomirai

ようやとオフィシャルにご報告できるタイミングと
いうことで本日はExhibitionのお知らせ。

3月1日(土曜日)より5月30日(金曜日)まで横浜に
あるRon Harman Cafe みなとみらい店さんにて展示・
販売させていただきます。


1924815_10202452565029809_1311389684_n.jpg

ART Exhibition「Mirror Mirror」
エキシビションのテーマである、Mirror Mirrorは
二面性を表現している。陰と陽、男と女、ポジティブ
とネガティブ。全てのものには二つの側面がある。

今回描き下ろした12点の新作オリジナルはまさに見る
人のその時の感情や状況、時間によって色々な表情を
魅せる。そんな、生きた作品を様々な人に独自の観点
で感じてもらいたい。

是非、たくさんの方に実際に目で見て感じて頂きたい
旅のエッセンスや新しい取り組みにチャレンジもした
作品たちが出来上がりました。


またこの作品を制作するにあたり、旅を共にしたアー
ティスト Seitaku“Tak”Aoyama氏とのコラボレーショ
ン作品も出展しています。


SHOWATANABE.jpg

SHO WATANABE(渡部 将)

1974年7月15日生まれ。神奈川県出身。
ペン1本だけで描くペン画、白黒をベースに拡がる独自
の世界観を表現する作品をはじめシルクスクリーンから
油絵などのドローイングを主としたアート性の高い作品
を数多く手がけています。
また一方で、広告やプロダクツ、空間プロデュース、WEB
デザインや執筆活動と幅広い分野でのクリエイティブ活動
に定評があり、デジタルとアナログの融合が持ち味のアー
ティストであり、チャリティやグロメッツサーファーへの
サポートなども熱心に活動しています。
自身が手掛けるアパレルブランド、Cloveruは16年目を
迎えた根強いファンのいるアパレルブランドです。

Born on July 15, 1974 in Kanagawa.
Japanese artist famous for his pen drawing, which
shows his original worldview in black and white,
and has produced a number of artistic works of
silk-screen prints to oil painting. He also has
an established reputation with his creative works
genre widely such as advertisements, products, WEB
designs, designs in hair salons and restaurants and
writing articles for magazines. His artworks are
a blend of digital and analog taste. Supports with
enthusiasms for charity activities and grom surfing.

16 years has passed since he established his own
apprarel label, Cloveru, which has many fans.
Not only influenced by Taro Okamoto, Barry McGee,
Sailor Jerry, Peter Max, Marc Newson but also his
grandfather who loved painting and his father who
loved Jazz.
Worthy to keep an eye on him to see what he will
challenge next.

TAK.jpg

Seitaku “Tak” Aoyama (青山誠拓) 

1973年東京生まれ。米国加州在住。
米国でアートと工業デザインを学んだ後、東京に戻り玩具
プロデュースに従事、又再来した米国ではデザイン事務所
を立ち上げる。アーティストになるきっかけはサンディエ
ゴ市のイベント。担当したブランディングにデザインでは
なく自らのアートを起用。多くの方たちより評価をいただ
き、以降フル・スロットルでアート制作に取り組んでいる。
現在、米国と日本でアート活動中。

Seitaku “Tak” Aoyama began his education at a
progressive kindergarten in Tokyo, Japan where he
engaged in a very hands-on art-centric education.
Being surrounded by custom-made one-off products
rather than mass-produced goods, Tak started off
early finding the beauty of creating and discovered
his affinity for adaptability. Studying economics
at university in Tokyo, Tak spent a few years in the
orthodox corporate world at a Korean global corporation.
He had to move forward from the chance to secure his
corporate career and look for creative ways to
constantly evolve. Tak started working nights to save
money and found himself in California where he studied
art and industrial design.

Tak went on to produce toys back in Tokyo and establish
a graphic design studio back in the US. A branding
package for a San Diego City event was the first public
application of Tak’s artwork. Art for him is the best
solution to evolve and take himself in anywhere in the
world.Seitaku ‘TAK’ Aoyama’s work has been shown
in the US & Japan.



開催期間中は春から初夏の陽気の季節、会場もカフェ
ですのでお茶やお食事をしながら生の作品を見ていた
だければ幸いです。


よろしくお願いします。




posted by cloveru at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88556290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック