2012年11月01日

モノの価値

僕の仕事は絵を描くだけでなく、その商品そのもの
の生産背景だったりと全ての行程の指示からディレ
クション、デザインまでが仕事。

1つ1つの流れを各セクションのプロと、創り上げて
いきます。こうしてどういう背景で自分達が着る物
ができるのかを知る事って意外と大切な気がします。

糸.jpg

tee1.jpg

Cloveruで言えば、縫製・加工・プリントまで国内を
ベースに6社程の企業さんにご協力頂き、アイデアを
カタチへと導いてもらっています。もちろん、自身
の作品作りのノウハウもこの現場から学ぶ事ができ
ます。どうして僕がたまに背景であるプロの方々を
書くのかと言うと、このブログを見てくれている皆
さまにも、表面に出る事のないこうした方々の支え
がブランドを創造し、モノの価値を産んで行くから
と言うのも1つの理由にあります。

工場2.jpg

工場1.jpg

また、こうした背景を知って頂く事で食品ではない
けど作り手の刺激にもなります。前にも書いたこと
がありますが、僕はどちらかと言うと裏方。勿論、
表に出てブランディングをしていますが、こうした
現場に近い場所にいる事がほとんど。ですから意外
と作業着と言うか、ワークスタイルでいる事が大半
ですw

こうした想いや拘り、技術があって始めて皆さまに
ご提案できるアイテム達が産まれてくるのです。


着る価値やステイタスを作るのも僕の役目。

自分が自身の目利きで本当に着て欲しいモノを提案
する。時代やトレンドが時早く流れる中で、自分の
スタンスをしっかり見ながら自信を持って薦められ
るアイテム達をご紹介していければと思います。

来期もマイペースですがよりよいモノをご提案でき
そうです。


お楽しみに。

P.S.
徳一さん、ありがとう!

時に想いとは逆になる事もあるけど、やっぱり手掛
けるモノへのパッションを届けていきたいです。








posted by cloveru at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59720764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック