2011年08月22日

Antique frame

本日は久々にご機嫌なAntique frameが入荷♪

額.jpg

額に入っている絵ならともかく、マットで購入
した画など意外と悩んでしまうのがフレームの
チョイス。

自身も毎回、ART SHOWなどで悩んでしまいます。
ハマればハマる程、拘ってしまうので、意外と
良い値段になってしまいビックリなんて経験の
方も多いはず。

おそらく今日ご紹介するフレームは、自身の中
では、最上級の見せ方と言うかこういうので飾
ってもらいたいと思う1品。

ご存知の方も多いと思いますが、アンティーク
フレームは味や雰囲気もありますが意外と高額。
ましてや画のサイズもあるので中々シンデレラ
サイズとはいきません。

でも、僕が家で飾るならこうでありたいと思う
スタイルなのです。

Antiqueは出逢い。

中々ない出逢いをどうメイクするかも僕の仕事。
普段であれば、絵に合わせてフレームを選んで
いきますが、逆にせっかく良いAntiqueに出逢っ
たのならば、その味や雰囲気に合う絵を仕上げる
なんてのも良いのではなんて。

Antiqueは出逢い。と書いた様に、あの展示会に
合わせて使おうとか考えていても手に入る訳が
なく、今回は本当にGOODなタイミング。

しかも、中々わがままなスタイルなのと、1度に
沢山入る事もないのでAntique frameを使用した
作品は本当にマレなと言うか、タイミングとなる
のです。

今回は、たまたまCloveruでもお世話になる群馬
TIMES ARE CHANGIN'のBossハルさんがアメリカ
買付けの際、相談していて選ばれた出逢い。
1つ1つがハルさんの目利き(出逢い)でチョイス
された額達。

最近は、スリフトなどでも、サイズやコンディシ
ョンの良いフレームの玉が少なくなっていて本当
に良いサイズが難しくなってきています。

時代を感じながら、絵を飾る。
古着やアンティーク家具が好きな僕にとっては、
1番やりたい贅沢な見せ方がこれですね。

正直、売りたくないくらいですが1点モノの良さ
を感じて下さい。
来月の展示会でお披露目となりそうです♪

P.S.
ハルさん、AZS!







posted by cloveru at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ART
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47490684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック