2020年03月20日

フロント バック ばっち来い!

徐々に春めいてきた今日この頃。

SSの1STデリバリーも来週に控えた本日ですが、本当は4月4日に発売しようと思っていたネタを。

大きい会社なら「デザイナーが今着たいエクスクルーシブコレクションとか、カプセルコレクションとか」
リリースするんだろうけど、そこは当人が書いているので「俺が着たい1枚」って言った方がウチっぽい
かなとw


何で44?

俺がスキだから。

4と4で8(末広がり)4と8は、渡部的に意味のあるラッキーナンバーなんです。


CLOVERUブログ1.png



前回の限定第二弾として、定番の半端丈でも「着たいなぁ〜」を仕込んでたんですね。
前回のブログにも書きましたが、プリントの技法って拘れば拘るほど、カタチにするのが難しいんですね。
コストは勿論ですが、工場自体がやらないとか、やれないってモノもあるんです。

古着に詳しい方はご存知のように年代によって顔料が異なっていたりと仕事柄、そんなディテールも面白くて
いつか再現出来ないかなぁとか工場との打ち合わせで、そんな細かい所も詰めていくわけなんです。
因みに自身が工場にいた事もあり、この辺の知識は経験値(←かなりギーク)ですw
あんまりちょこちょこ工場に出向き、顔料とか線数の話までするデザイナーはあんまりいないと思います。
もはや、趣味です。



CLOVERUブログ2.png



そんな訳で、今回、自身が作りたかったのが当時の雰囲気なクラックをCloveruで。
ブログで書くほどだから、見れば分かりますが、世にあるクラックとは異なり、今回も「こういうの最近やるの
SHOさんだけだよ。」と良いか悪いか工場からもお墨付き。

顔料と手法の浪漫。
工場との信頼関係からなる、しつこい拘り。と言うか、癖。

とまた長くなっちゃいそうですが、着たくないモノは新品でも古着でも着ない訳で、自分がまず着たいイカした
限定作ったので是非。

勝手にシリーズを命名するなら「俺が今着たい浪漫が詰まったコレクションというより癖シリーズ」。

「スキこそモノの上手なれ」で、いつもとはちょっと違うステイタスがブランドでもあっても良いのかなと。


CLOVERUブログ3.png

CLOVERUブログ4.png


CLOVERUブログ5.png

CLOVERUブログ6.png



Cloveru SS Sweat Limited 【44】

color: Washed White, Washed Gray.
size: M, L, XL.
\8,500- tax



発売は明日。

午後、オンラインにもUPする予定です。








posted by cloveru at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187292286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック