2016年11月26日

冬物アウターうんちく講座(長め)

本日もありがとうございました!

本日は気になっているアノお話を。
実は展示会のタイミングでは生産となっていた為、タイミングの良い少数しか実物を見れておらず、SNSでは告知しておりましたが身内でも注文できなかったコレクションなんです。

連日ブログでも書いているので沸々と来ている方も多いので、本日は少し長めに。

Cloveru1.jpg

まずはミッドレイヤーと言う位置付けのSWALLOWスーベニアJKTから。
なぜミッドレイヤーかと言うと、毎シーズン必要だと思うモノを提案しているCloveru。昨年発売した2WAY SAN FRANCISCO COACH JACKETとかは中綿がなく、極寒時に防風性、プラスαがほしくのもあってインナーダウン的にも愛用できたらなとラインに加えたコレクションなんです。

無論モデル名の通り、スタイルは1枚でも着れるスーベニアJKTがモチーフ。ビンテージも良いけどコンディションと価格帯が。。。復刻ものも格好良いけど。。。
結果、機能性もしっかりスタイルももちろんって考えると、自社のスタイルでオリジナリティを。
ってのが今期のスタイル。パターンであったり、MHAKが描くDRY LEAVESとかまずないし、アウトドアブランドでは起用されているプリマを使うとか、街でもフィールドでもアクティブに楽しみたいからスタイルをだしたコレクション。グレードもちゃんとしているので僕らの想いも伝わるとおもうので調べてみてね。巷の素材をみてもらえば分かるけど、ほとんどが普通の中綿か良くてシンサレート。

Cloveru.jpg

街はもちろん海や山でCloveruを着たくて、縁あってできたカタチ。
スーベニアJKTに関しては言えば、表面処理もDWR+耐久撥水加工に60gならかなりリアリティある感じかと。
ここでサイズ感のお問い合わせもあるので身内スタイルで今までの検証をまとめておきますね。

着方にもよるので一概には言えませんが、参考にして頂ければと。

Cloveru3.jpg
168cm 62kgでMサイズを着用

Cloveru4.jpg
173cm 68kgでMサイズを着用(古着感覚であんまり着込まなないならMでもありかと。)

Cloveru5.jpg
173cm 63kgでLサイズを着用

Cloveru6.jpg
173cm 68kgでLサイズを着用。
自身、インナースタイルでMにしようかと思ったのですが胸囲もあるので、結果Lサイズにしました。

分かるかなー。来週からはいよいよオンラインでも発売と言うコトで書いてみました。


Cloveru2.jpg

そして尺がスーベニアで取られてしまいましたが、本命と言うかアウターと位置付けた超限定コレクション。

プリマロフト133gを起用し、DWR2レイヤー(耐水圧10000mm/透湿度10000g)+耐久撥水加工シームテープ処理ともはやアウトドアブランド並みのスペックを兼ね備えたOVER COAT。


これは海と言うより完全に山を意識したコレクション。本当に寒くなるとどうしても自社のアイテムが着れないのが嫌でようやと今年実現したカタチです。
柄はMHAK CAMOのみの展開で皆でお揃いで着ましょう!(笑)

と、小さなブランドですが本当に着たい必要なアイテムを吟味しながらワードローブに加えていくスタイルです。


本日のコレクション、アイテムによって異なりますが下記の限られた取扱店のみで間もなく発売です。

● JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダード レリューム)
● SURF & TAILOR MOAT(サーフ&テーラー モート)
● gre'(グレ青森)
● NO BRAND/BLUE HORIZON(ノーブランド/ブルーホライズン)
● THE SHOWroom(ザ ショールーム)
● Cloveru Official Online Store



まだ本当は色々うんちく書きたいんですが、今日はこの辺で。
みなさん 素敵な週末を!長々ありがとうございました。

P.S.
オンラインの方も頑張って早ければ月曜いけるように頑張ります。





posted by cloveru at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Cloveru Family
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177821313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック