2016年08月06日

粋なアイテム【センスの良い扇子】

まさにナウな本日のブログ。

SHO-WATANABE扇子1.jpg

身内には今日来るよーなんて言ったもんだから、わざわざ来てくれたのに夕方になってしまい申し訳なかったです。明日、明後日と定休日と言うコトで本日は珍しくブログ更新のタイミングでオンラインからご購入できちゃいます。

SHO-WATANABE扇子2.jpg

はじめのオリジナル扇子は2012年。
ワールドEXHIBITIONツアーから4年が経ち、お問い合わせも多かった扇子が2016年バージョンとして限定で本日より販売するコレクターズアイテム。

今年もハワイへの個展を前に日本先攻限定50本と言うカタチでリリースさせていただきます。

SHO-WATANABE扇子3.jpg

SHO-WATANABE扇子4.jpg

自身の拘りと言うか、ジャポニズムを演出した逸品。ただのグッズではなく自分達がちゃんと長く使えるようサイズは、男女共に愛用できる7.5寸35間をチョイス。このサイズは言わば、京扇子と言われるサイズで京都の祇園でも扱われているタイプ。

SHO-WATANABE扇子5.jpg

SHO-WATANABE扇子6.jpg

白竹に情緒ある京和紙で仕上げて頂いた、日本の良さを演出したく、もちろん京都の職人さんに依頼。
1本1本ハンドメイドの本気で使いたいウイットな扇子と言った所でしょうか。

風流で心和むほのかな和の香りも日本ならでは。

SHO-WATANABE扇子7.jpg

今年はSHO自身がLOVEと定義する二羽のツバメをモチーフに、感謝と人にあげても喜ばれる(スーベニアスタイルの意図も踏まえ)お馴染みの「arigato tomodachi」のメッセージをそえて。

ARTだけでなく、ジャパンメイドの本質と心粋を感じてもらえばと思います。

SHO-WATANABE扇子8.jpg

CLSS16LM-88 2016 Limited SHO WATANABE 京扇子
「arigato tomodachi」 サイズ:7.5寸(22.5cm)35間
\4,500-(税込 \4,860-)


SHO-WATANABE扇子9.jpg

身内も待って待っての1stをタイミング良くゲットしたモデルもこなす地元のイケメン坊主(お寺さん)のノリ君。流石、もってます。

SHO-WATANABE扇子10.jpg

そして、地元の骨董フレンズ石川くんが事務所にとマニアな素焼と昭和浪漫な灰皿をプレゼントしてくれたー!そんな素焼に扇子を合わせて。

本当に地元から来て下さるお客さまに仲間と本当に感謝です!
いつもarigato.

それでは皆さん、素敵な週末を!
台風スウェルが気になって、ソワソワわくわくな本日でしたw


【the SHOW roomの最新記事】
posted by cloveru at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | the SHOW room
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176381374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック