2015年09月29日

MHAK SOLO EXHIBITION “10″ TEN

制作期間まっただ中、打ち合わせもあり本日は江戸を拠点に。
そんなタイミングでCloveruのリミテッドでもお馴染み、交遊
のある MHAK の個展へ。

MHAK.jpg

MHAK1.jpg

MHAK3.jpg

MHAK4.jpg

MHAK5.jpg

自身、製作中と言うコトもあり良い刺激を受けまくり。
2会場同時開催と言うスタイルも流石です。
今週いっぱいなので是非、生の作品にふれてみては!

MHAK2.jpg

MHAK6.jpg

“MHAK SOLO EXHIBITION “10″ TEN”
@ AOYAMA ART BREEZE and GALLERY TARGET


内装壁画をメインに活動するペインター
『MHAK as Masahiro Akutagawa』の国内で約10年ぶりの個展が
青山、原宿で2カ所同時開催。


これまで作品の殆どを海外で発表してきたMHAKが、満を持して
大規模な展覧会を9月12日から10月3日にわたり東京で開催。
会場はAOYAMA ART BREEZEとGALLERY TARGETの2会場。
約10年振りとなる今回の個展は会場を2つに分け、それぞれ
コンセプトを変えた展示構成で発表。

AOYAMA ART BREEZEでは”I am”と題し、MHAKの代名詞とも
言える抽象表現『モコモコ』を軸とした作品構成でキャンバス
作品や壁画、そして、2014-2015シーズンに石内丸山スキー場
スーパースノーパークにて実際に使用されたGRAVISレインボー
レール等の大型作品を展示。

GALLERY TARGETでは”Interdeco 2″と題し、MHAKが提唱する
『インテリアとの共存』をテーマとした、ウッドパネルを使用
したインテリアに因んだ作品群や、サーフ、スノー、スケート
からインスパイアされた小型作品を展示、あわせて会場限定と
なる商品も数種販売を予定しています。

MHAKの現在を存分に堪能出来る展示内容となっておりますので
2会場あわせてご高覧ください。

『MHAK SOLO EXHIBITION “10″ TEN』
会場 : AOYAMA ART BREEZE / GALLERY TARGET
会期 : 2015年9月12日(土) – 10月3日(土)
Opening Reception : 9月12日(土) 6 pm -9 pm at AOYAMA ART BREEZE
Closing Party : 10月1日(木) 6 pm -9 pm at GALLERY TARGET

Supported by
GRAVIS / Levi’sレジスタードマーク / RUTSUBO / 石内丸山スキー場 / CREIGHT /
PILE / ZIMA / Coors Light

AOYAMA ART BREEZE
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-9 KAZU表参道1F
03-6809-2096
12 – 7 pm 日/月/祝休廊

GALLERY TARGET
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-32-10
03-3402-4575
12 – 7 pm 日/祝休廊

MHAK as MasaHiro AKutagawa

1981年會津若松生まれ。デザイナーズ家具や内装、様々な空間に影響を受け、
絵画をインテリアの一部と捉えた「生活空間との共存」をテーマに創作活動
を行う。抽象表現を追求し、曲線で構築し反復する独自のパターンで、個人
邸やホテルなど数々の内装壁画を手掛ける。
これまでに国内はもちろん、アメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、ポー
トランド)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、オーストラリア(メルボ
ルン、シドニー)、イタリア(ミラノ)等で作品を発表。
また、故郷である會津とのアートを通じた積極的な取り組みやアーティスト
集団”81BASTARDS”の一員としても活動している。



PVでもCloveruのレアキャップで登場してくれています。


posted by cloveru at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164655939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック