2015年09月17日

スキなら履けば良い【VANS編】

今シーズンはシックに攻めますが個人的にアタリ年な気がしている
ここ最近。自身の志向でセレクトしていますが早速これからの季節
活躍する逸品が入荷してきましたよ。

VANS-THE-SHOWroom.jpg

自身、中学くらいから履き続けているので相当長い付き合いになり
ます。昔はMADE IN U.S.Aだけとか色々言ってたし今もかなり手放せ
ず所有していますが、ぶっちゃけスキなら履けば良いんです。

ラインはありますが、最近はウンチクより感覚で愛用しています。

VANS-THE-SHOWroom1.jpg

無論そこまでスキだからこそ今もこうして紹介している訳なんです
が。今回入荷したマウンテンエディション。80sにBMX用として開発
されたVANSの名作。ご想像の様に僕らがイメージするカタチとは異
なるけどMT.EDITION。

VANS-THE-SHOWroom2.jpg

スキなら履けば良いんです。

このブログを最後まで読む頃にはちょっと物欲が出てきてもらえたら
幸いです。そもそも、自身も本来のイメージとは異なり、このライン
実は、数年前からリリースされていますが自身的に無反応。

これは遊び心と用途と本質が組み合ったのが今回のこのモデルなのではと。

僕が今回、このモデルを仕入れたのはこれからの冬山などの行き来
を想定してセレクトしています。もちろん、これからの海に街にも。


VANS-THE-SHOWroom3.jpg

昨年までのコレクションに比べ、シューレースのホールカップや
スタイルがクラシックなフォルムに。
もちろん、OLD SKOOLと付く訳ですから当然です。

VANS-THE-SHOWroom4.jpg

ここでチェックしたいのが、バルカナイズ製法のソール。分かる人
は分かりますが、従来のソール型の反対の凹凸を利用しています。
つまり、従来は凹がスタンダード。イメージ的には、ウインターシ
ーズンにスパイクを付けるようなイメージでしょうか。
このグリップコンセプトが始めに話したMTEのカタチは違うが用途と
してカテゴライズされたのあろうと勝手に推測しています。

VANS-THE-SHOWroom5.jpg

そしてライナー処理。
WARM LINING, WEATHERRIZED UPPER MATERIAL
THERMAL HEAT RETENTION LAYER BETWEEN OUTSOLE & SOCKLINER

快適な冬をサポートする進化したコレクション。
ローソックスでもあったかだし、決めてはスタンダードラインのスペ
ックだからウチではありなのかなと。

要はこうしたコンセプトの融合がVANSの歴史であり、遊び心なのかと。
時代のハイブリットですね。


VANS-THE-SHOWroom6.jpg

VANS Old Skool Mountain Edition
BLACK LEATHER
size: 5.5, 6, 9, 9.5, 10
price: \12,000- w/o tax


シーズンにはなくなってしまうと思うので、気になる方は今ですよー。

前回のオーセン同様、今年の黒レザーの柔らかさ良いですね。
自身もさっそくゲットのスキなら履けば良い【VANS編】でした。w

すいません。オンラインの方でもご紹介したいのですがバタバタ
でして、どうしてもと言う方は店頭またはご連絡を。






【the SHOW roomの最新記事】
posted by cloveru at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | the SHOW room
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163810481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック